2020年4月15日の投稿

トイレの横に水たまりが・・・

ある日トイレの掃除をしていると、トイレの横の床に水たまりができている・・・

トイレを流してもどこからも水は漏れていない・・・

さて、一体どこから水が漏れているのでしょうか。

温水洗浄便座(ウォシュレット)からの水漏れの可能性有り

トイレからの水漏れというのは、トイレ上部から追っていくと

1.タンク上部の手洗い付近からの水漏れ
2.タンクと便器を繋いでいるパッキンからの水漏れ
3.温水洗浄便座(ウォシュレット)からの水漏れ
4.便器と排水管の接続部からの水漏れ

トイレ本体に割れなどの目視できる損傷がない場合、大きく上記の4つとなります。

今回はその中でも 3.温水洗浄便座(ウォシュレット)からの水漏れ に着目したいと思います。

温水洗浄便座(ウォシュレット)というのは、電気と水を同時に使う非常に精密な家電製品です。

トイレの必需品と言っても過言ではないくらい多くのご家庭で使用されていると思います。

弊社では、緊急駆け付けサービスを行っておりますが、水漏れでのご依頼で多いのが

2.タンクと便器を繋いでいるパッキンからの水漏れ

3.温水洗浄便座(ウォシュレット)からの水漏れ

が圧倒的に多い状況です。

温水洗浄便座(ウォシュレット)から一度水漏れが起こると、修理・交換をしない限り止まることはありません。

木造住宅でしたら最悪の場合、床の木材が腐るといった可能性もあります。

温水洗浄便座(ウォシュレット)からの水漏れの原因

先ほどもお伝えしたように、温水洗浄便座(ウォシュレット)というのは、電気と水を同時に使う非常に精密な家電製品です。

ご存じの通り、水と電気という組み合わせは非常に危険です。

電気部品に水が付くと、ショートという現象が起き故障の原因となります。

温水洗浄便座(ウォシュレット)の内部では、電気の基盤と水の通り道・水のタンクの部分等にパッキンが使用されています。

そのパッキンが経年劣化などを起こすと水が漏れる原因になります。

水漏れが発生してしまったら

ご依頼をいただいたお客様宅にお伺いさせていただいた際

「水漏れしているから下にタオルを置いています。」

とおっしゃられるお客様がいらっしゃいます。

コンセントを抜いていれば問題ないのですが、不便だからとそのまま使用するのは非常に危険です!!

床が水で濡れている場合、既に製品内部でも水漏れが発生している可能性があります。

つまり、ショートしているかもしれない家電製品の上に座っているということになります。

考えただけでもゾッとしますね。

もし今現在水漏れしているのであれば、速やかにコンセント抜いてください!

最悪の場合漏電により感電してしまいます!

修理・交換を依頼しましょう

先ほども述べたように、コンセントを抜いていれば危険は回避できます。

しかし、今まで使っていた物が使えなくなるというのは非常に不便ですよね。

便座のフタを開けたところに、メーカーへの連絡先が記載されています。

そこへご連絡していただき、症状を伝えれば修理等の対応をしてもらえます。

便座の修理というのは、弊社のような水まわりの専門業者でも行うことはできません。

メーカーでないと修理はできないのです。

しかし、製造から10年ほど経っていると、修理部品がありませんので、交換となってしまうことがほとんどです。

ちなみに、温水洗浄便座(ウォシュレット)には、「想定安全使用期間」というものが設けてあります。

この期間は「10年」です。

10年を過ぎてのご使用は火災や漏電の可能性が高まります。

特に故障していなくても、この期間を過ぎている場合は交換をオススメします。

温水洗浄便座(ウォシュレット)の交換でしたらもちろん弊社でも可能です!

メーカーよりも低価格でご提供できる可能性がありますので、交換をご検討のお客様はぜひ一度弊社までご相談ください。

現在お使いの温水洗浄便座(ウォシュレット)の機能を確認させていただき、お客様にピッタリの便座をご提案させていただきます。

2020年4月6日の投稿

トイレのタンクの中に・・・

トイレの詰まり除去やトイレの交換にお伺いさせていただいた際に、トイレのタンクの中に水や砂の入ったペットボトルや石が入っていることがしばしばあります。

ご覧になられている皆様はこの理由おわかりでしょうか?

ペットボトル等を入れる理由

上記のような物が入れられている事がしばしばあるので、お客様にその理由をお伺いしたことがありあす。

すでにお分かりの方もいらっしゃるとは思いますが、その理由はズバリ「節水」です。

トイレのタンクに溜まる水の量というのは「浮き球」によって制御されていることがほとんどです。

トイレ使用後にレバーを「大」の方向に回すと、タンク内の水をほとんど使いきるように流れます。

ひと昔前のトイレでは「約13リットル」の水が一度に流れることになります。

それだけ多くの水が流れることが分かっているからこそ、ペットボトルや石を入れて節水しようと考えるわけです。

確かに一度に溜まる水の量は減るので節水になることは間違いありません。

しかし、同時に流れる水の量が減るわけですが、ちゃんと流れてくれるでしょうか。

タンク内の水の量の設計

トイレというのは、緻密に設計されています。

レバーを「大」の方向に回したときに、一度で排泄物とトイレットペーパーを流し切る設計です。

タンク内にペットボトルや石を入れることによって、お客様ご自身でその設計を崩していることになります。

その結果、トイレの詰まりが起こったり、便器内に排泄部やトイレットペーパーが残ったりすることになります。

極端な言い方になりますが、お客様ご自身でトイレを詰まらせているということになるのです。

その他にも、タンク内に入れた物がタンク内の部品に引っかかって「吐水不良」や「止水不良」が起こったりします。

レバーが回せなくなったり、いつまで経ってもタンクに水が溜まらず便器内に水が流れ続けるといった症状です。

トイレの節水

トイレで節水を考えてらっしゃる方は非常に多いと思われます。

ですが、トイレが詰まりを起こしてしまったり、故障してしまったりしては元も子もありません。

トイレが詰まったり故障してしまうと、ご自身で対処できない限り多額の費用が掛かってしまいます。

そうなると、上記のリスクを負ってまで節水した意味がなくなってしまいますよね。

ではどうすればリスクを負わずに節水ができるのでしょうか。

節水型トイレへの交換

ここ最近のトイレは非常に節水機能に優れた商品が多くなっています。

トイレを交換するだけでかなりの節水をすることができます。

トイレの節水を考えていらっしゃるのであれば、トイレの交換も一つの選択肢だと思います。

TOTO製の最新組み合わせトイレ※(ピュアレストQR等)では、「大:4.8L 小:3.6L」と非常に少ない水量になっています。

従来の13リットルのトイレと比較すると、半分以下の水量しか流れないことになります。

13リットルのタンクにペットボトルや石を入れても、さすがにこの水量にはできませんし、仮にできたとしても高い確率で詰まりが発生します。

最新のトイレは、従来のトイレとは流れ方が違います。

トルネード洗浄と言って、渦を巻くような流れ方です。

排泄物の流れ方の研究に研究を重ねて、上記のような非常に少ない水量で流せるようになっています。

※組み合わせトイレ・・・便器、タンク、便座を組み合わせるトイレ

現在、従来のトイレをお使いでトイレの節水が気になる方がいらっしゃいましたら
ぜひ一度弊社にご相談ください!

緊急駆け付けはもちろんのこと、トイレの交換工事も行っております。

2019年6月1日の投稿

静まりかえった深夜にトイレに行くと、

ポトン、ポトン・・・

どこかで水漏れしている音が。

ん?トイレ水漏れしてない??

朝はそんな音してなかったのに。

いきなり自宅がトイレ水漏れのトラブル!?

深夜に気づいてしまって、寝るに寝れない。(職業柄、早く修理したい。)

という事を思い出したので、それを記事に。(きちんと修理は終えました!)

ということで、トイレのトラブルの一部、

トイレ水漏れの原因

を大まかにご紹介していきます。

トイレ水漏れの原因 その1

トイレ水漏れで一番よくあるのが「トイレタンクの中」での水漏れです。

注意して聞いてもらってポトンポトンと音がしたらトイレタンクの中で水漏れが起きている証拠です。

何が原因かというと、

ボールタップ」というトイレタンクの中の部品が経年劣化などで故障している

というものが主です。

ボールタップ」とは、トイレタンクへ供給される水が規定量まで溜まったら水を止めるという役割を持った浮き玉なんですが、この浮き玉が故障していたり、水道管のサビが悪さをしていたりすると、役割が果たせず、ポトンポトンと少量の水がいつまでも供給されてしまうんです。また、故障がひどい時は、ずっと水が通常通りに供給され続け、いつまでたっても止まらないという状況に陥ってしまうこともしばしば。

トイレ水漏れの原因 その2

次にトイレ水漏れでよくあるのが、「便器にチョロチョロと水漏れしている」というものです。

この「便器にチョロチョロと水漏れしている」という現象は、大まかに原因が二つあります。

一つ目の原因は、「ボールタップ」が故障していて規定量以上の水がタンクに供給され続け、「オーバーフロー管」を通って便器に排出されているというものです。オーバーフロー管は規定量以上の水がタンクに溜まらないよう、またタンクから水が溢れないように便器に直接排出できるようになっており、これが原因で水漏れしていることがいえます。

二つ目の原因は「フロートバルブ」の経年劣化による故障です。この「フロートバルブ」という部品は、トイレレバーと直結しているものでして、レバーを引くとトイレタンクの水を便器に流す際にパカパカと開閉する弁となるものなんです。この弁が経年劣化で故障していたり、弁に何か異物が挟まっていたりすると弁が閉まらず、水がチョロチョロと流れてしまうんです。たまにあるのが、弁にビー玉が挟まっているというもの。トイレタンクの手洗いに飾りで置いていたビー玉がタンクの中へと手洗いの水と一緒に流れてしまい、弁に挟まるという現象で、数件修理を行ったことも。

トイレ水漏れの原因 その3

次は便器とタンクを繋いでいる「密結ボルト」と「密結パッキン」からの水漏れです。便器とタンクの間から水が少量つたっていると、これらが水漏れの原因だったりします。なぜこんな所から水漏れが?と思われるかもしれませんが、この両方の部品ですが、共にゴムで出来ており、ゴムの力で水を止めているんです。このゴムも経年劣化すると硬くなり、ヒビが入り、そのヒビから水漏れが起こってしまうんです。

トイレ水漏れの原因 その4

最後に、上記のトイレ水漏れの原因その1〜その3以外に多いトイレ水漏れといえば「ウォシュレットからの水漏れ」です。

ウォシュレットも経年劣化すると水漏れを起こします。ウォシュレットが経年劣化している場合、各種メーカーさんでしか修理出来ないうえ、製造からおおよそ10年以上経っているウォシュレットであれば修理部品もないという状況。経年劣化でウォシュレットから水漏れしている場合は、漏電の恐れもあるので出来れば買い直された方がよろしいかもしれませんね。今の時代、インターネットで検索して、すぐに安く購入できる時代。ウォシュレットからの水漏れした後、漏電からの火災へ繋がるとかなり危険です。弊社ではお客様が購入されたウォシュレットの交換や取り付けだけでも承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

トイレ水漏れの原因 まとめ

上記をご覧になられて、いかがだったでしょうか。

トイレ水漏れでも様々な原因があります。トイレタンクの中なのか、トイレタンクの外なのか、それともそれ以外なのか。トイレ水漏れは主に経年劣化が見受けられます。物は全て消耗品だと考えると経年劣化ははどうしようもありません。ただ、今となってはYouTubeで修理の仕方も出るくらいにインターネット検索で情報が集まる環境になっております。工具があればご自身で修理も可能な時代です。DIYも流行っていることですし、修理を試してみたいという方もいらっしゃると思います。ご自身で修理される場合は、危険ですので、必ず水を止めて、電源がある場合は必ず電源をコンセントから抜いて作業をされてください。(ウォシュレットなどの機械関係の修理はご自身で分解されると大変危険ですので、絶対されないように。機械関係の修理は各種メーカーを呼ぶことをお勧めします。)ボールタップやフロートバルブの交換、ウォシュレットの交換など、ご自身で試してみたけどダメだったという場合でも弊社はきちんと対応させて頂きますので、お気軽にご相談くださいませ。

弊社では、北九州市内(小倉北区、小倉南区、門司区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区)や北九州市近郊(中間市、遠賀町、岡垣町、直方市など)も対応エリアです。トイレから水漏れして気になる方は、弊社までお問い合わせくださいませ。

2019年5月5日の投稿

毎日使うトイレが急につまったら。

みなさん、どうされますか?

隣人に「トイレを貸してください」とも言いづらいですよね。

また、毎回ご自宅ではないトイレを使うのも辛いですよね。

トイレットペーパーの流し過ぎで詰まってしまったぐらいであれば、ご自身で解決できる場合もありますので、記載しておきますね。

トイレが詰まった状態で流さない

まずは、トイレが詰まった状態で「もう一回流したら流れるかも・・・」という気持ちでトイレを再度流さないでください。トイレが詰まった状態で流すと汚水が便器を超えて溢れ、床が汚水だらけになる可能性があります。水位が引くまで一度待ちましょう。

トイレタンクへの給水を止める

トイレにある止水栓でタンクにいく給水を止めましょう。トイレ内の止水栓が錆びて動かない場合は、外にある量水器メーターのバルブで大元から水を止めましょう。

ウォシュレットのコンセントを抜いておく

ウォシュレットなどの温水洗浄便座やウォームレット(暖房便座)を使用されている方は、コンセントを抜いておきましょう。コンセントにあやまって水がかかって電気がショートすると大変危険です。

トイレの詰まりの除去の方法

ラバーカップ(中型のφ130mm)を用意しましょう!

ホームセンターなどで購入することが出来ます。

次に、水位が引いているのを確認して、ラバーカップをゆっくりと水面に押し込んでいきましょう。ラバーカップを便器に密着させ、一気に引き上げてください。引き上げず、押し込んでしまうと排水管内でさらに詰まってしまう可能性がありますので、必ずラバーカップを引き上げてください。

これを何度か繰り返します。

また、詰まりが抜けた!と思っても便器の奥で詰まっている可能性もあるので、バケツに水を汲み、バケツの水をトイレに少しずつ流していきましょう。一気に流すと詰まっていた場合、溢れてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

トイレの詰まり除去の仕方を動画で見よう(参考動画)

結局のところ、文章で記載してもなかなか伝わらないので、トイレの取扱説明書に記載されている(TOTO)動画のリンク先を貼っておきますので、困った方はご覧ください。

トイレの詰まり除去の仕方(TOTOの公式動画)

まとめ

急にトイレが詰まってしまうとホントに困りますよね。

上記の方法を行なってもトイレの詰まりが除去できない場合は、弊社のような専門業者にお問い合わせください。

弊社はトイレの修理だけでなく、トイレの詰まり除去も行なっておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

2019年4月30日の投稿

みなさん、ご存知でしょうか?

和式トイレの不便さや衛生面について・・・

昔は多かった和式トイレですが、現代においてはかなり少ない形態のトイレとなりました。

不便さや衛生面などで少なくなった和式トイレ。

弊社も和式トイレから洋式トイレへの交換工事の依頼をこなすほど、和式トイレが少なくなっているんですね。

そこで、和式トイレと洋式トイレの違いを軽く列挙しようと思います。

和式トイレはアンモニア付着量が圧倒的に違う!

和式トイレは洋式トイレの10倍以上も便器周りのアンモニア付着量が違うんです(TOTO調べ)。

和式トイレは洋式トイレに比べて、排泄する際、便器までに飛散を防止する壁がなく、その上、便器まで距離があるので、尿や便が飛散しやすいので、こんなにも違いが出るんですね。

和式トイレはしゃがまないと用が足せない!

和式トイレはしゃがまなければ用を足すことが出来ません。

足腰が悪い方や妊婦さん、高齢者、杖を使われている方、車椅子の方などは不便どころではなく、用を足すのに適さないトイレ形態なんです。

和式トイレが詰まった場合は・・・

和式トイレが詰まった場合、ポンプでペーパーや落し物を取り出すのですが、この作業でも詰まりが改善できない場合は、和式トイレを壊して新しい和式トイレを取り付けるという出来事に。

洋式トイレはネジを緩めると取れるのですが、和式トイレは埋め込まれているため、解体するしかないんです。

まとめ

軽く列挙してみましたが、どうでしょうか。

驚いた方もいらっしゃると思います。

TOTOでは、和式トイレの出荷量は現在1%を切っているそうです。

それでもまだ和式トイレが製造されているんですね。ウォシュレット(温水洗浄機能付き便座)が製造されて、ウォシュレット取り付けに和式トイレではそぐわないため、洋式トイレへの改修工事へとなることもしばしば。

僕が幼少期の時代は和式トイレが多く、小学校のトイレでは洋式トイレの方が少なかったんです。

そのせいで、洋式トイレが空くのを待っていました。そんな時代が懐かしい。。。

弊社では、和式トイレから洋式トイレへの改修工事も行なっておりますので、トイレでお困りでしたら、フリーダイヤル0120−914−928までお問い合わせください。

和式トイレから洋式トイレへ改修工事(施工前)

和式トイレ(施工前)

段差がある和式トイレ。これを一度壊して、フラットな状態にしていきます。

和式トイレから洋式トイレへ改修工事(施工中)

和式トイレ(施工中)

和式トイレを外すとこんな状態。既存の排水管を壊さないよう丁寧に床を解体し、給水管なども取り外していきます。

和式トイレから洋式トイレへ改修工事(施工後)

和式トイレ(施工後)

床や壁の作成・補修を行い、新しい洋式トイレを据え付けると工事完了!

2018年11月3日の投稿

緊急事態!トイレが詰まった!

毎日毎日お世話になっている「トイレ」。
これだけ毎日使っていると、詰まりのトラブルに遭遇する事もありますよね。

さて、そもそもトイレの詰まりの原因って、何なんでしょう?

トイレが詰まる理由

トイレが詰まる原因として最も多いのはズバリ!トイレットペーパーの流しすぎです。
一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと、トイレの許容範囲を超えて詰まりの原因となってしまいます。

また、トイレットペーパーは水に溶けやすいように作られていますが、普通のティッシュペーパーを使うと水に溶けず、より詰まりやすくなってしますので要注意です。

他にも、女性の生理用品やポケットに入れておいた携帯電話、お子さんが誤って落としたおもちゃなどもその原因の一つとして挙げられます。
今からの時期は腰に貼っているカイロが落ちる、なんてこともあるのでお気をつけくださいね。

万が一、落ちてしまった場合、可能な限りゴム手袋やトングなどで速やかに取り除きましょう!

そして見落としがちなのがタンク側の問題です。
タンクの中にボールタップという器具が装備されていて、この弁が閉じたり開いたりすることで
タンク内に規定の量の水を貯めます。
これが壊れると規定の量の水が溜まらず詰まりの原因となります。
また、節水のために入れているペットボトルなども水量不足の原因になりますので、きちんと設定された水量を流すようにしましょう。

排水管の構造と予防策

トイレに限らず水まわりの住宅設備機器は「給水管」と「排水管」の接続が必ず必要であり、私たちの生活の中で重要な役割を担ってくれています。

この「排水管」に照準を絞って説明すると、一見分かりませんが排水管はカーブを描く形になっています。

これを「S字トラップ」と言ったり「P字トラップ」と言ったりします。
これは、排水管から上がってくる臭いや害虫を防ぐ構造になっているのです。
もしこれがストレートの管だと……と考え始めると、夜も眠れなくなりますよね。

つまり、このカーブがついていることによって汚物や紙の量が多いとここで詰まりやすくなってしまうので、排泄物が多い時、日頃から紙を使う量が多い方は数回に分けて流すなどの工夫をされてみるのも良いでしょう。

また、最近は節水型のトイレも多く販売されているので、そのタイプのトイレを使用されているご家庭は念のため気を配られる事をお勧めします。

トイレが詰まってしまった時の対処法

・・・と聞いて一番に思いつくのがあのラバーカップ・・・

そう!ご存知シュポシュポ!!!

水を流す時に排水までに間があって、一瞬ひやっとした経験がある方もいらっしゃるでしょう。
それはもう危険信号です。いよいよ詰まり始めようとしています。
トイレが詰まり、汚水が溢れ出す前にシュポシュポで流れがスムーズになるか試してみてください。

また、トイレのレバーをきっちり元の位置に戻しているのにチョロチョロ水が流れる音がする、
逆にレバーを引いても水が出てこない、などの症状は、先述したタンク内のボールタップやタンクレバーが壊れている可能性があります。
これは消耗品なので、ずいぶん長い年月同じトイレを使用している方は、この可能性を疑ってみてください。

トイレのトラブルは放置しておくと水が溢れ出し、床に浸水してしまうと被害が拡大してしまう恐れもあります。

特にマンションは階下への漏水が心配です

そうなる前に、気になる事が少しでもありましたらお気軽にお問い合わせください。