2019年7月19日の投稿

毎日使うトイレ。

毎日お掃除してもトイレの床の汚れが除去できなく、困っていませんか?

今回は、トイレの床の汚れの原因と汚さない対策を記載していこうと思います。

トイレの床の汚れの原因 その1

床の汚れの原因は、ズバリ「おしっこ」の飛び跳ねです。

「おしっこ」が飛び跳ねると、便器をつたって床を汚したり、便器と床の間に溜まったり、更には飛び散るとクロス(壁紙)まで汚れてしまうんです。

特に、男性が立って「おしっこ」をした場合、かなり飛び散っています。

今、奥様方が旦那さんやお子さんによく言われているのが、

「座っておしっこをしなさい」

というもの。

お掃除をする奥様方からすると注意喚起していないとホントに大変ですからね。

おしっこが便器と床の間で溜まってしまうと掃除がしづらく、溜まり続けると、おしっこの臭い(アンモニア臭)がトイレに充満してしまうということも。

トイレの床の汚れの原因 その2

次にトイレの床の汚れで多いのは、経年劣化です。

毎日きちんとお掃除しても経年劣化はどうしようもありません。

今、トイレの床で一番多い材料は、クッションフロア(CF)というものです。

このクッションフロアですが、張り替え時がおおよそ10年と言われているんです。

10年使用されていると、傷んだ場所から汚れが広がっていき、黒ずんだり、専用のノリが剥がれたりして、見栄えも悪くなってしまいます。

対策や予防

まず、トイレを使用する場合は、どんな状況でも座って使用してもらうことが一番良いです。

それだけでおしっこの飛び散りは予防できます。次に経年劣化については、どうすることもできないので、貼り換えをオススメします。

ホームセンターなどでクッションフロアを販売しているので、ご自身でチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

また、弊社では様々なクッションフロアをご用意させて頂き、床の貼り替え工事も行なっております。

トイレでお困りの方、お気軽にお電話ください。迅速丁寧に対応させて頂きます。

弊社施工事例:床張り替え工事

洋式トイレ交換(床貼り替え)