2020年5月10日の投稿

トイレの床がブヨブヨ・・・

ご覧になられている皆様の中で
トイレの床がブヨブヨしているなぁ・・・
と感じたことがある方はいらっしゃいませんか?

これは、何かしらの水漏れによる床板の腐食のサインかもしれません。

床がブヨブヨする原因とは

木造であれ、鉄筋コンクリート造であれ、トイレの床板には木材が使われていることが多いです。

そして、床板には合板が使われていることがほとんど。

合板というのは、水に弱い性質なので水漏れしているとすぐに傷んでしまいします。

水が漏れる場所というのは

・給水(止水栓からタンクまでのパッキンなど)
・排水(フランジ部のパッキンなど)

があります。

給水からの水漏れは、トイレ床面に水滴となっていることが多いのですぐに発見できます。

排水からの水漏れは、外観からはわからないことが多いので、発見が遅れてしまいます。

排水漏れの原因として多いのが、「フランジ」からの水漏れです。

古いトイレの場合、排水管の入り口にフランジという部品が付いています。

このフランジというのは、便器の真下に付いているので、便器を外さない限り見ることはできません。

フランジと便器を繋いでいる部分に、排水漏れを防ぐパッキンが付いているのですが、このパッキンが経年劣化で痛むことによって排水漏れが起こります。

フランジから漏れた排水が床に染み込むことで、長い時間をかけてゆっくりと床が腐食していきます。

トイレの床板の表面には、クッションフロアなどの上貼りがしてありますので、直接木材の状態を見ることは難しいです。

これも発見が遅れ、また水分を含んだ床材が乾きにくい要因となっています。

対処の仕方は?

床板が腐食してしまったらどうすればいいのか?

足で踏んでブヨブヨしている場合は、既に手遅れの場合が多いので、基本的には床板の交換をしないといけません。

ひどい場合には、床板を支えている「根太」まで交換しないといけないこともあります。

以前、弊社に「トイレを交換してほしい」とご依頼を頂きました。

お伺いしてみると、既に床板・根太まで腐食しており、便器が傾いている状態でした。

かなり床が傷んでいる状態で、トイレ内に立つだけでも床が抜けてしまいそうな状態・・・。

現状のままでは危険な床のため、お客様にご了承して頂き

・根太の交換及び補修
・床板の張り替え
・クッションフロアの貼り替え

の工事をさせていただきました。

床板の張り替えというのは、今お使いのトイレを取り外してからでないとできません。

さらに、トイレの脱着というのはそれなりに工事代がかかるものです。

同じ脱着工事代がかかるのであれば、最新のトイレに交換してみてはいかがでしょうか?

普段のご使用にも支障が出る「トイレの床の腐食」

弊社で診断・補修方法のご提案も承ります。

同時に、最新のトイレへの交換も承りますので、お気軽にご相談ください。

2020年5月5日の投稿

タイル床とクッションフロアの違い

築年数の経ったお宅に多いのがタイル張りの床です。

最近、トイレの交換と同時にタイル床からクッションフロアへ変更されるお客様が多いように感じます。

寒い時期に床が冷たい!とおっしゃっていました。

もちろんどちらも一長一短ありますので、一概にどちらのほうが良いとは言えません。

機能性重視の方、見た目重視の方・・・

それぞれの違いを見てみると

タイル床

・メリット            ・デメリット
 床が頑丈             冬季など床が冷たい
 排水口がある場合水が流せる    タイル目地に汚れが溜まりやすい
 色褪せしにくい          地震などで破損しやすい
 タイル表面は掃除が簡単      補修費用が高額になりがち

クッションフロア

・メリット            ・デメリット
 床の冷たさが軽減される      長い年月で色褪せしやすい
 水をはじくので掃除が簡単     汚れを長期間放置するとシミになりやすい
 伸縮性があるので破損しにくい   鋭利なものを当てると破れやすい
 比較的簡単に張替えができる    下地が木材なので水が流せない

このようにそれぞれメリット・デメリットはあります。

主流はクッションフロア

ここ最近の主流は圧倒的にクッションフロアです。

上記に簡単にメリット・デメリットを挙げましたが、総合的にはクッションフロアに軍配が上がります。

クッションフロアの表面はビニール素材なので水をはじきます。

なので、尿はねなどの汚れも拭き掃除で簡単に除去することができます。

タイル床と違ってクッション性があるので、足腰への負担も軽減されます。

しかし、タイル床の見た目が好みという方もいらっしゃると思います。

最近ではクッションフロアも種類が増え、タイル調の物も多数あります。

タイル床の見た目が好みの方にも対応できるというわけです。

タイル床からクッションフロアへの交換の流れ

1.便器本体の取り外し
2.既存のタイル床の撤去
3.床の高さを調整し、新たに下地木材の張り付け
4.ご希望のクッションフロアの張り付け
5.排水管の入り口にアダプタ(フランジ等)の装着
6.便器の取り付け

と、比較的大掛かりな工事になることが多いのも事実です。

しかし、交換後のクッションフロアの便利さを考えると大きなメリットとなります。

便器の脱着を含む工事ですので、このタイミングで新しい便器へ交換されるお客様も多くいらっしゃいます。

床の見た目・機能性が一新されて、更に最新式のトイレへの変更。

最新式のトイレは節水も優れていますので、一石二鳥です!

弊社では緊急駆け付けサービス以外にも、上記のような工事も承っております。
トイレの床がタイル床で寒い時期に冷たくて困っている、という方はお気軽にご相談ください。
最適な工法をご提案させていただきます。