2020年4月20日の投稿

小便器の取り外しについて

最近のご家庭ではあまり見かけなくなりましたが、時々レストルーム内に小便器が設置されているご家庭から

「小便器を撤去してほしい」

とのご依頼を頂くことがあります。

小便器というのは、臭いの原因にもなるので、使わないなら取り外してしまいたいですよね。

そこで今回は、小便器の撤去に伴う作業をご説明させていただきたいと思います。

小便器の撤去は意外と大変!

小便器は、ただ取り外したら終わり、というわけではありません。

小便器には、給水管・排水管がつながっています。

取り外すとそれらの管が露出してしまいます。

見た目を気にしないのであれば、給水管・排水管にフタをしてしまえばそれで大丈夫です。

しかし、壁や床に管が露出したままになるので、あまり見た目はよくありません。

また、小便器が設置されていた箇所には少なからず跡が残ってしまいます。

それらを完全に隠すには、壁・床の補修が必須になってしまいます。

小便器撤去後の補修作業

小便器の撤去後、それらの管を完全に隠すには・・・

1.壁の穴の補修・ボードの交換
給水管が出ている部分には必ず穴が空いているので、それを埋める作業

2.クロスの全部又は部分張り替え
もちろん全て張り替えるのが最善ではありますが、ご予算によっては部分張り替え

3.床の木材の穴の補修
給水管と同じように、排水管が出ていた部分の穴の補修作業

4.クッションフロアの張り替え
クッションフロアの部分張り替えは見た目が悪いので全面張り替えをオススメします

と様々な作業が必要となってきます。

もちろん「見た目は気にしないから安価な方法で!」といったことも可能です。

使わない小便器を撤去することで、レストルーム内が広くなることは間違いありません!

レストルーム内の臭いの元となってしまう使用していない小便器。

小便器の撤去作業ももちろん弊社で承っております!

撤去後の補修も可能です。

お客様のご予算に応じて補修内容を決定させていただきます。

小便器を撤去したい!是非弊社までご相談ください!